最終更新日時 2017.12.10

MDR-EX700SL 価格比較とレビュー

SONY

MDR-EX700SL

ソニーの技術力の粋を結集した密閉型インナーイヤーレシーバー。ダイナミックならではの豊かな低音の拡がりが魅力のモデルです。

MDR-EX700SL 製品画像
スペック・仕様
タイプカナル型
ドライバーダイナミック×1
ユニット口径16mm、CCAWボイスコイル採用
再生周波数帯域4〜28,000Hz
インピーダンス16Ω
感度108dB/mW
ケーブル長0.5m (OFCリッツ線、u型)
プラグ形状3.5mmステレオミニ (金メッキ)
重量約7g (コード含まず)

[市場価格帯]参考値 :Discontinued[生産完了]

商品詳細

MDR-EX700SLはカナル型のイヤホンです。豊かな低音と拡がりのある空間表現がうまいモデルです。

MDR-EX700SLのドライバーユニット概要図
特長
  • 大口径16mmダイナミック型ドライバーユニットを採用
  • ドライバーユニット一体型マグネシウム筐体
  • 大きさに合わせて選べる7種類のイヤーチップ
得意ジャンル
  • アンビエント
  • ロック
  • ジャズ

独特の扁平ハウジングを採用したEXシリーズのトップモデル「MDR-EX700SL」。ソニーの技術力の粋を結集した渾身のダイナミック・カナル型のイヤホンです。

イヤホンに16mmという前代未聞の大口径ドライバーユニットはあまりにも大きいために耳穴に正立して設置できず、延長線と交差する形で設置されており、今までのイヤホンとはひと味違うマンボウ型のスタイルを醸し出しています。流れ出る音質は、さすが大口径ともあり、非常に豊かな低音の響きが特徴で、ダイナミック型ならではのスムーズな音のつながりをあます事なく再現しています。空間表現がうまく、ニアーすぎない音場感はまるでコンサートホールにいるような感覚さえ覚えます。イヤホンでこれを再現するとはさすがソニーと言わしめるだけの出来栄ですね。

振動板には、不要な振動を抑えて解像度の高い音を再生するML(マルチレイヤー)ダイアフラムが採用され、磁束密度を向上させ高感度再生を実現する高磁力ネオジムマグネットも採用。また、本体はドライバーユニット一体型マグネシウム筐体に包まれているため、共振や低音の漏れも最小限に抑えています。

ケーブルは左右の長さが違うuタイプですので装着方法はネックチェーン方式となります。イヤーピースは耳の小さな女性から耳の大きな兄貴までフィットするように7種類付属しているため、どんな耳にもジャストフィットします。ケーブルは0.5mのOFCリッツ線でプラグはストレート。標準で1m、プラグL型のコードも付属していますので継ぎ足しが可能です。

[ () ]


関連リンク

価格比較

SONY/MDR-EX700SLの価格比較調査は毎日行っておりますが、最安値は常に変動しておりますので念のため各販売店の最新の価格を必ず確認して下さい。

販売店の価格一覧表
販売店 表示価格 送料 合計価格
MDR-EX700SLはディスコン(生産完了)の為、流通在庫もしくはオークションで探すしかありません。

※このサイトで掲載されている情報は、イヤホンナビにより管理・運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に販売店に表示されている価格が、その商品の販売に適用されますのであらかじめご了承下さいませ。

※合計価格はあくまでも目安です。合計価格は『表示価格(税込)』+ 『送料(込の場合は+0円)』で算出しております。詳細は各販売店様にご確認願います。

個人的ジャンル評価
クラシック
4.2点
ジャズ
4.4点
ポップス
4.3点
ロック
4.4点
ユーザー満足度
メーカー(代理店)リンク
定価
  • 35,000円 (税別)

ランキング

タブメニューです。クリックでページ移動無しで項目を閲覧できます。


レビュー

レビュー書いてみませんか?

クラシック
5.0点
ジャズ
5.0点
ポップス
5.0点
ロック
5.0点

あなたのレビューをここに載せませんか?広く皆様からSONY/MDR-EX700SLのレビューを募集致しております。貴方の「ハンドルネーム (特に希望のない場合は名無しさんと表記させて頂きます)」、簡単な分類ではありますが「各ジャンル評価点 (CLASSIC,JAZZ,POPS,ROCK) 各5点満点」と「レビュー文」を気が向いた時にでもメール頂ければ幸いです。


Amazon.co.jpアソシエイト
このページの先頭へ
MDR-EX700SL